眉間の上に位置する第6チャクラは、「第三の目」とも言われ、スピリチュアルなものを感じる機能があり、目で見えないものをとらえイメージ化し、現実に見えるように調整する機能があります
直観力や叡智、現実世界と見えない世界のゲートをつなぐ役割を持ち、無意識に感覚器官を使ってスピリチュアルガイドにアクセスしたり、宇宙意識といわれる領域にアクセスし意識の拡大をもたらしてくれます
また第六感などサイキック能力にも関わりのあるチャクラです。 

第6チャクラを活性化させれば第六感、直観力が高まり自分の人生を切り開いていくことができます
そしてスピリチュアルなものを感じる能力、広い視野をもつことが出来る能力、遠くのにおいを感知し離れている人の感情を察知する能力、エネルギー、風水環境を感知する能力、人に会う前に事前に認識する能力、正夢など未来予知を行う能力を高めます。

このチャクラにトラブルを抱えていると、睡眠障害や精神障害に陥るなど、日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。
スピリチュアルなものを感じない人も無意識に感知していることがあり、「なんとなく」だとか「なんだかわからないけれど」といったような感覚になるのも第6チャクラの機能の一つです。

第6チャクラは、記憶力、判断力、真実を見極める力、集中力、洞察力、直観力、予知能力を高めるので活性化させる事でたくさんの情報の中から正確な情報、必要な情報だけを見極め、正しい判断ができるようになります。
第6チャクラが与えてくれる能力は大勢を導くリーダー,株主や経営者にとってとても重要なものです

また第6チャクラは思考などを司っているので、第6チャクラが弱まると思考がまとまらず記憶力の低下を招いて、物覚えが悪くなり、判断能力も低下してしまいます
このチャクラはイメージ能力等と関係があるため活性化させることで絵を描いたり、アイディアを出したりする能力が高まります

また時空間を超越して記憶する機能があり、第6チャクラを活性化させることで初めて行く場所が懐かしいと感じたり、昔、過去世で同じような体験をしたことを思い出したり、ソウルメイトや前世で関わりのあった人に出会ったときに初めて会ったはずなのになんだか懐かしく、昔から知っている気がしたり、会った瞬間から苦手意識を感じたりすることがあります

※また第6チャクラはイメージを現実に反映させる機能をもっているので幸せな人生を送っているイメージ、成功しているイメージなどを持つようにして聞いてください

自己イメージがネガティブで自分は幸せになれないと思い込んでいるとそれも現実化してしまうので注意が必要です

第6チャクラが不調だと、いつもイライラしていて人を非難し文句が多くなってしまう事が多いです
また正しい判断ができなくなり誤った選択をすることも多くなり、そして優柔不断にもなってしまいます

第6チャクラのエネルギー不足によって、起こりうる病気には特に次のようなものがあります。

・頭痛
・パニック
・めまい
・脳腫瘍
・脳出血
・神経系の障害
・視覚、聴覚障害
・背骨全体の障害
・学習障害
・ひきつけ
・睡眠障害
・精神障害

第6チャクラのキーワード
第三の目、第六感、サイキック能力、学習、完成、成功、評価、判断力、直観力、霊感、制御、真実、知性、洞察力、思考、スピリチュアル

第6チャクラに対応する身体の部位
目、耳、鼻、視床、松果体、精神、大脳、小脳、前頭葉、側頭葉、後頭葉、脳幹等

第4チャクラで愛や思いやりのある人間になり、第5チャクラで言語表現を活性化し、その上さらに第6チャクラを活性化すると相手の立場になって物事を想像する力がつくので相手が少しの事をしゃべっただけで多くの事が想像つくようになります

潜在意識、思考は現実化する、願望実現の法則
幸せな人生を送っているイメージ、成功しているイメージ等、良いイメージを持ちながら第6チャクラを活性化させれば夢や目標を具現化する助けになり、なりたいものになる方向性を示してくれるでしょう。

Follow me!

おすすめの記事